情報提供医師

石橋 徹(福岡ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医/日本リウマチ学会認定 専門医

石橋医師の詳しいプロフィール

変形性膝関節症になりやすいスポーツはありますか?

40代の男性です。学生の頃からサッカーをやっており、現在も趣味で続けています。先日、知り合いが変形性膝関節症になり、若い頃に激しいスポーツをしていると変形性膝関節症になりやすいと聞きました。いまのところ特に膝に痛みはないのですが、若い頃はかなり膝を酷使していたので将来が不安です。サッカーは変形性膝関節症になりやすいでしょうか?また、変形性膝関節症になりやすいスポーツというのはどんなスポーツですか?

サッカーやバレーボールなどは膝を酷使するので要注意です。

■変形性膝関節症の発症は損傷の程度と筋力が影響します

変形性関節症になるかどうか、あるいは進行するかどうかは、スポーツを続ける過程で、どの程度の損傷が蓄積しているか、あるいは膝関節周囲の筋力が保たれているか、によって異なると思われます。
例えば、サッカーやバレーボールでは、半月板や靭帯を損傷することが多く、軽度であっても、腫脹や可動域制限、疼痛を我慢して限界まで続けていると、靭帯や関節に慢性炎症が引き起こされ、さらに軟骨損傷のリスクは高まり、変形性関節症の状態に移行するリスクも高まると思われます。

■可動域の制限や、腫れ、痛みが見られたら受診の目安

もし現時点で、違和感や可動域制限、腫れ、痛みがあれば、整形外科の専門医あるいは当グループのクリニックを受診しましょう。上記損傷の蓄積があれば、進行度や損傷程度にかかわらず、再生医療が奏功するケースは多いと考えられます。
当クリニックへの受診については、下記をご覧ください。
初診・カウンセリング

お気軽にお問い合わせください

まずは、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約

0120-013-712

無料でんわ相談・来院予約

電話受付時間
9:00〜18:00

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)