変形性膝関節症の手術を受けた後でも再生医療は受けられますか?

変形性膝関節症で1年前に人工膝関節置換術を受けたのですが、痛みや膝の動きがあまり改善されない状態です。失敗だったのでは、と少し後悔しています。どうにかしたいのですが、人工関節の膝にもPRP-FD注射や培養幹細胞治療を行っていただくことは可能なのでしょうか?

基本的には適応外ですが、検討できることもあります。

再生医療の目的は、膝の残存機能の回復を後押しすることです

関節組織に働きかけて、ご自身にもともと備わっている自己回復能力を後押しする治療法です。したがって、その標的となる部位が人工物に置き換わっている場合は効果が期待できません。このため、人工関節後の再生医療については、基本的に適応外です。

手術の内容によっては再生医療をご提供できることもあります

関節周囲組織や靭帯損傷などの手術を受けたことがある方については、検討できる場合があります。また、変形性膝関節症の関節鏡や骨切り術の経験がある方も可能です。

※再生医療の適応があるかを知りたい方は、MRI検査と専門医の診断を一緒に受けられるMRIひざ即日診断にお申し込みください。

情報提供医師

石橋 徹(福岡ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医/日本リウマチ学会認定 専門医

石橋医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)