培養幹細胞治療の効果が知りたいです。

59歳の男性です。マラソンが趣味なのですが、数年前から膝の痛みに悩まされています。膝のサポーターを付けて走っていましたが、最近左膝の痛みが強くなり、整形外科を受診しました。膝の水を抜き、ヒアルロン酸を注入してもらったのですが、効果が感じられず、現在は鎮痛剤を服用しています。仕事はまとまった休みがとれないため、手術以外の治療法を探している中で、今回培養幹細胞治療が目に留まりました。 あまり休みが取れないので、効果が出るまでの治療回数や効果の持続期間について教えていただきたいです。

再生医療の適応となる可能性が高いです。詳細を確認させていただきますので、まずは一度ご来院ください。

■まずはクリニックで適応診断を

ご質問内容を拝見した限りでは、培養幹細胞治療の対象となる可能性は高いと思われます。当院の再生医療を受けられた方の中にも、ヒアルロン酸注射などの対症療法で効果が得られなかったという方は大勢いらっしゃいます。
再生医療の適応については、MRI診断も含め、詳細な診察の上、はじめて最善の治療プランをご提案できますので、まずは初診・カウンセリングよりご来院をお待ちしております。

■培養幹細胞治療(ASC)で期待できる効果

培養幹細胞治療は、脂肪組織に含まれる「幹細胞」を分離培養したものを膝関節に注入する再生医療です。幹細胞はさまざまな細胞に変化できる細胞で、関節内の炎症を抑え、損傷組織の修復や再生を促すはたらきが期待できます。

■治療に要する通院回数

  • 検査とカウンセリング
  • 脂肪採取
  • 培養幹細胞の注入

上記の3回の通院が最低限必要となります。
その後はご状態に応じて経過観察と、日常生活などへのアドバイスを継続いたします。
なお、幹細胞の培養にはおよそ6週間ほどお時間をいただきますので、初診から幹細胞の注入までの期間は1ヵ月半から2ヵ月程度となります。

情報提供医師

石橋 徹(福岡ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医/日本リウマチ学会認定 専門医

石橋医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)