情報提供医師

石橋 徹(福岡ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医/日本リウマチ学会認定 専門医

石橋医師の詳しいプロフィール

ひざの水を抜いても効果が感じられなくなってきました

変形性膝関節症でひざに痛みがあり、定期的にひざの水を抜いているのですが、最近は水を抜いてもすぐにひざが痛くなるようになってしまいました。このまま、水を抜く治療を続けてもいいのでしょうか?

「ひざの水を抜くとクセになる」は本当

よく「ひざの水を抜くとクセになってしまう」という話を耳にしますが、これは事実ではありません。ひざ関節は軟骨が損傷し、炎症を起こすことで水がたまります。水を抜けば一時的に痛みは和らぎますが、それだけだと水は再びたまってしまいます。何度も水がたまってしまうのは、クセになっているわけではなく、ひざに炎症の原因が残っているためです。原因が解決できれば、水はたまらなくなります。

ひざに水がたまる原因

水がたまる原因は「関節内の炎症」です。炎症を起こした滑膜(ひざを覆う膜)は、軟骨や半月板のかけらなどの異物を排除しようとリンパ球や白血球を含む関節液を大量に分泌するのですが、これが「膝に水が溜まった」状態です。
炎症の原因はさまざまですが、抜いた水の色である程度は特定できます。

  • 褐色や赤色(血液)
  • 半月板損傷、靭帯損傷、骨折など外傷によるもの

  • 白濁している
  • 関節リウマチや痛風など、ひざ関節の炎症によるもの

  • 黄色く透明な色
  • 変形性膝関節症

治療はどう進める?

ご質問者様は変形性膝関節症で、水を抜く治療を何度も行なっているのに症状が改善しなくなり始めているとのことなので、症状の進行を遅らせる保存的治療を続けるだけではなく、別の治療法を検討しても良い段階かもしれません。ひざの炎症と強い痛みが持続して関節が変形してくると、ひざが伸びにくく、歩行障害も強くなり、基本的な日常生活動作(立つ、歩く、座るなど)も困難になってきます。そうなると、最終的に取りうる選択肢は、手術治療(人工膝関節置換術)以外には無くなってくるからです。

手術以外の治療法

人工膝関節置換術は体への負担が大きく、合併症のリスクがあること、リハビリに時間がかかることもあり、手術を躊躇される方が少なくありません。そんな方へ、当院では再生医療をはじめとする先進的な治療法をご提供しています。再生医療は、変形性膝関節症がある程度進行した方でも、ひざの炎症を抑え、痛みを改善し、組織の修復も期待できる治療法です(※)。治療はひざへの注射のみのため、体に低負担で入院の必要もありません。
ひざの水を抜いても効果が感じられなくなってきた場合は、ぜひ再生医療による治療の選択も検討してみてください。診療をご希望の方は、「はじめてのご来院予約」より、ご予約いただけます。

(※)Pers YM, et al. Adipose Mesenchymal Stromal Cell-Based Therapy for Severe Osteoarthritis of the Knee: A Phase I Dose-Escalation Trial. Stem Cells Trans Med 5: 847-56. 2016.

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談・来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)