膝にヒアルロン酸注射をしても効果が感じられません。再生医療の適応はあるでしょうか?

数年前に変形性膝関節症と診断され、現在はヒアルロン酸注射を定期的に打っているのですが、あまり効果が感じられなくなってきました。 手術は避けたいので、再生医療での治療を検討しているのですが、治療法ごとの適応や違いがよくわかりません。それぞれの治療法の違いや適応、効果の持続期間などを教えていただきたいです。

ヒアルロン酸注射で効果が得られなくなった方は、再生医療の適応となりえます。

■ヒアルロン酸注射の効果と限界

ヒアルロン酸は、関節内を満たす健康な状態の関節液の中に含まれる成分で、変形性膝関節症の治療では注射によって補充する治療が行われています。主にダメージを受けた膝関節の摩擦を軽減し、関節内成分を保護することを目的とした治療です。実際には、疼痛緩和効果は限定的で、特に長期間繰り返し使用した場合の効果は減弱する場合が多いようです。

■再生医療で期待できること

ヒアルロン酸注射で満足のいく効果が得られない方に、培養幹細胞治療(ASC)やPRP療法が持つ関節修復作用が奏功する可能性は十分にありますが、これら再生医療によって期待される効果などは、患者様一人一人の関節症状とダメージの進行度、軟骨の状態などによって異なります。診察の上、それらを総合的に検討し、ご説明いたします(場合によっては複数の治療を組み合わせるのが望ましいこともあります)。
まずは詳細な診察・カウンセリングが必要となりますので、お気軽にお問い合わせください。

情報提供医師

石橋 徹(福岡ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医/日本リウマチ学会認定 専門医

石橋医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)