関節リウマチの既往がありますが、再生医療は受けられますか?

関節リウマチの既往があります。現在は治療を受ける必要はないと言われていますが、両ひざと両足首に変形があり、徐々に歩けなくなるのではないかと不安です。再生医療の適応はあるのでしょうか?

リウマチの状態が良好であれば、再生医療の検討が可能です。

■活動期のリウマチには慎重な判断が必要となります。

活動期の関節リウマチでは、関節の痛みが続くだけでなく、関節に強い腫れと熱感を伴うことが多く、倦怠感などの全身症状がみられることもあります。この場合、再生医療を検討する前に、まずはリウマチ専門医の診療を受け、リウマチの活動性を抑え、できるだけ寛解の状態になることが重要となります。

■適応になるケース

リウマチの治療がすでに終了している場合や、コントロールが良好で寛解状態にある場合は、関節の変形や損傷を改善する目的で再生医療を検討することができます。
再生医療の適応を判断するにあたっては、現在使用している治療薬や、これまでの治療歴、血液検査の数値、関節リウマチのタイプなどを把握した上で、詳細な検討が必要となります。再生医療での治療をご検討であれば、まずはご来院予約より当院にご相談ください。

情報提供医師

石橋 徹(福岡ひざ関節症クリニック 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定 専門医/日本リウマチ学会認定 専門医

石橋医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

WEBからの来院予約、
お問い合わせ、ご相談はこちらから

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)